It is one of Ando architecture in Kitano. There is a large space when entering the back though the frontage is narrow.  By providing a triangular courtyard in the center

I understand that I am trying to create a space with a feeling of openness. However, because the whole site is small in the first place, it is still a cramped courtyard. Episodes that Mr. Ando was furious with repainting the outer wall without permission I have memories that I read on some web site.  

北野にある安藤建築の一つです。 間口が狭いですが奥に入ると広い空間があります。 中央に三角の中庭を設けることによって 開放感のある空間をつくり出そうとしているのが分かります。 しかし、そもそも全体敷地が狭いからでしょうが、やはり窮屈な中庭になってしまっている。 勝手に外壁を塗りなおして安藤氏が激怒したというエピソードを どこかのホームページで読んだ記憶があります。