Taro Mizusima

Taro mizusima

漆と砥粉を何度も練り、麻布と共に形成してゆく。7世紀から8世紀末にかけて仏像制作に多用された技法を用い、愛らしいフォルムの動物や人物など、生き物の芯にある生命を追求した作品は、その存在であたたかな空間を作り上げることでしょう。

親しみ深く、様々な表情を持ち合わせ、まるで私たちにやさしく語りかけてくれるように。

フランス留学にて、ピカソ、ジャコメッティ、デスピオなどに感銘を受け本格的に彫刻家を志します。

同じく彫刻家であった祖父の言葉、「まことの目」を信じ、さらに進化しながら、あたらしい形を作り続けていくでしょう。

彫刻家

伝統的技術と共に愛を表現。祖父、父から彫刻を受け継ぎ、三代目の若き継承者

南仏にてピカソ、デスピオに影響を受ける。

Share:
TwitterFacebookLinkedInPinterestGoogle+

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *